menu
> > > 経理業務の見直し

業務の円滑化 -Facilitation of duties-

経営者の負担を軽減するために

企業の最終目的は業績を上げ、より多くの利益を確保することにあります。しかしそこには様々な問題があり、経営者はそれをひとつずつクリアし目標に向かって前進していくことを強いられることになります。せめてその一部でも力になれることが私たちアイリンク株式会社の役割であると考えています。

業務の円滑化

社長しかわからない、一部の限られた社員しかわからないでは、社内業務だけでなく営業活動にも支障をきたすことは明らかです。
しかしそういった企業が多いことも事実です。

  • 一度発行した見積書を再発行したいが、どこにあるかわからない。
  • 見積書と実際の請求書の金額が変わってしまった。
  • 過去に使った提案書を手直しして使いたいが、どこに保存したかわからない。
  • 請求書と入金チェックを連動させたい。
  • 新規顧客に過去の実績として、写真や図面の一部を見せたいが社長のPCにしか入っていない。

まずは社内ネットワークを構築し、すべての社員が情報を共有することはとても大切なことです。 しかしプリントアウトされたフォーマットに手書き入力した方が格段に仕事が早い。といったことも一部の業態ではよくある現実です。
かといって同じ会社名や住所など、同じものを何度も入力するような無駄はやはり避けるべきではないでしょうか。自動計算できるはずの数字を何度も計算機で叩く。ファイリングした書類を1枚ずつめくって探し物をするなども、直接時間の無駄につながってきます。

業務ソフト顧客管理ソフトの開発とサポート

見積書の作成・発行⇒請求書の作成・発行(都度請求・締め請求)⇒入金のチェック

一連の作業をより簡単に、かつ御社用にカスタマイズしてご提供いたします。なるべく負担を少なく、サポートもしっかり丁寧にいたします。お気軽にご相談ください。

デジタルとアナログの融合

すべてをデジタル化することをおすすめしている訳ではありません。実際画面ではなく紙に印刷されたものを見る方が全体像を掴みやすかったり、直観的に判断しやすい場合もあります。
したがってデジタル化しつつも紙ベースでも保存し、いつでもプリントアウトできるようにしておく。または顧客データベースと見積書は連動しているものの、納品書や請求書とは単純連動させないなど。イレギュラーなご要望にもできる限りお応えしたいと考えています。